女性

種類別の治療方法

女性

日頃、アイメイクを落とさずに寝てしまう女性は注意が必要です。アイメイクを落とさずに寝ると、茶グマといわれるクマが目の下に発生します。色素沈着してしまったクマは、肌がくすんで見え、女性らしい可愛さを損ねてしまいます。また、冷え性の人や肌が白く、血行が悪い人は青グマが発生します。青グマはパソコンをよく使う人や、目を酷使することが多い人にも発生しやすいクマの種類です。睡眠不足やストレスを解消し、血行を良くすることで改善することができます。その他にも、目の下がたるんでいると影ができ、クマが発生することもあります。クマにはいくつかの種類があるので、適した治療方法を把握することが大切です。自分自身のクマがどの種類に当てはまるのか、カウンセリングでしっかりと把握し、自分に適した治療方法を施しましょう。

血行不良が原因で目の下にクマが発生するという人は、皮膚再生療法が適しています。皮膚再生療法では、酸素不足で黒ずんでしまった血液がクマとして目立つのを抑える効果があります。また、皮膚再生療法は注入による治療方法なので、だれでも手軽に受けることができます。目の下の脂肪がたるみ、クマが発生してしまっている場合は、目の下の脂肪吸引が適切です。目の下の余った皮膚を切除することで、伸びてしまった皮膚が改善され、若々しく健康的な目元になります。その他にもくぼみや凹みが原因のクマにも、この治療方法が適しています。また、色素沈着の場合は、沈着してしまった色素を改善し、さらに新陳代謝を高める効果があるコスメを使用しましょう。美容整形外科が開発したコスメなので、だれでも高い効果が期待できます。目の下のクマは種類別に適切な治療を施すことが大切です。